そろそろ今年も終わり。
師走とはよく言ったもので、僕自身は忙しくはないのですが周りの忙しさに影響されて、忙しい気がしてくる不思議。

こんにちは。ぱっつんです。

ってなわけで大学も終わり祖父母の家に帰省することになりました。
本当は高速バスで行こうとしたのですがまさかの売り切れで。。仕方なく新幹線でいくことになりました。

d0372534_13285926.jpg
▲朝早いため影が長い
twitterでも書かせてもらったけどこの写真はかなりのお気に入りです。


d0372534_13292621.jpg
▲保線員さんはまだまだお仕事のご様子。
事故もあったし大変そうだね。


d0372534_13294024.jpg
▲もちろん車掌?さんもお仕事中
黄色線の後ろに下がってくださーいって何回も言ってて大変そうである。みんなもお見送りは黄色線の内側でね。


d0372534_13300373.jpg
▲弓持ってる
薙刀かと思ったけど、薙刀は女性の競技だから弓かな。古代からの武道に精進する人はかっこいいね。


d0372534_13301844.jpg
▲この日は雪の影響で五分遅れで運行していたんだよね。
ヨーロッパを電車で旅行していた僕からすると、それぐらいの遅れでアナウンスするなんて大変だと思うよ。


d0372534_13310271.jpg
▲降りてくるこの人の量である。
あんなに速く走る物体にこんなに人が乗っているのはなんだか不思議である。


d0372534_13314768.jpg
▲信号機
かっこいいなぁ。新幹線の運行に関わるものはどうしてこんなにもかっこいいのか。ロマンだなぁ。。

終わり。
え、新幹線の写真ないの?と思うみなさん。すみません。
ちょうど柵があっていいのが撮れませんでした。。寒いので動き回りたくなかったし。。w

新幹線は最近、台車の亀裂が問題になりましたねぇ。
逆に今ままで良く事故らしい事故がなかったもんですよ。今回はそんな無事故の歴史にケチがついたカタチ。
ニュースを見ていると、なんだか出来過ぎなような電話での応答。どこまで本当かはわかりませんが。
そんな嘘のような勘違いや綻びから大きな事態に発展して行くことも良くありますから気をつけたいところ。

来年はこうなりたいというヴィジョンはあるのですが、言葉で表すことが難しいなぁ、
写真を通じて伝えていければ良いですな。

ではでは!ぱっつんでした!







[PR]
# by fripkaito | 2017-12-29 13:59 | 写真

なんだか良い勉強スペースと勉強方法を見つけてしまって、高校時代に知りたかったなぁ、と人知れず涙しております。

こんばんはぱっつんです。
今日は神戸に行って見たの後半戦です。
まぁこの時期に神戸×夜といえばルミナリエと思う方も多いでしょう。
はい。正解です。しかし行ったのが点灯が始まってから初めての日曜日ということもあって人人人。。
写真を撮る、撮らないどころの騒ぎではなかったのであんまりルミナリエの写真はありませんのであんまり期待しないでね。

では始めます。

d0372534_14464302.jpg
▲どどーんと重機
年末だというのに工事とは。。作業員さんお疲れサマです。


d0372534_14465432.jpg
▲割れた鏡は不吉の前触れとされていますがあえて撮影して見ました。
なんだか示唆的な写真ですが別にどーといった意味はないです。強いて言えばクリスマスをカップルで過ごす人には不幸になって欲しいと思いますが。


d0372534_14471877.jpg
▲車が夕日を浴びてテカテカですなぁ。
神戸の運転は少し荒いのかなぁ。岡山よりかはましだと思いますけどw。


d0372534_14474525.jpg
▲こういう写真が長い間撮りたかった。
空を一部分入れて建物は取り残されたような団地風。そして効率化のために嫌味なほど揃った窓枠。全てがいい感じ。


d0372534_14475244.jpg
▲この看板もいい感じ。
今頃見ないネオン付きの看板に日本っぽくない通りの名前。またまた攻殻機動隊感が。。


d0372534_14481040.jpg
▲いつからそこに佇んでいるのかわからない自動販売機。
光だけが僕はここにいるぞ!まだまだ使えるんだ!と主張しているようでなんだか良い。


d0372534_14482599.jpg
▲毎度お馴染み海沿いの渋滞。
2018年になろうとしている現在でも渋滞は健在。多くの先人の予想ではとっくに渋滞なんてなくなるはずだったろうに。


d0372534_14483369.jpg
▲車のテールランプが高速の底面に映える
先人よ、今も車は内燃機関主流で運転も手動、渋滞もまだまだあります。


d0372534_14491849.jpg
▲いい感じに海鳥が飛び立つ
ぶれていて、ダスティーなそこがまた良い。そろそろ越冬の準備しないのかな?


d0372534_14493677.jpg
▲ポートタワー
なんだか微妙なイルミネーションで。。まぁなんでも良いのだけれど・


d0372534_14494474.jpg
▲三脚は持って行ってなかったからわざとぼかしてみた
フィルターとかなしだからこんなもんでいいんじゃないかな。あんまりフィルター好きじゃないし。


d0372534_14495242.jpg
▲はい。お待ちかね。最初で最後のルミナリエの写真w
誰でもルミナリエなんて綺麗に撮れるし、より綺麗な写真が見たければ google先生に頼んでくださいw


d0372534_14500351.jpg
▲神戸市役所の上から撮った街である。
ルミナリエは撮らず、こんなもんばっかり撮る捻くれもんなんですよw


d0372534_14501456.jpg
▲交通規制に引っかかった車たち。
思ったより綺麗に撮影できるし、ヘッドライトが良い感じだったからブログに載せて見ました。

まぁこんな感じで。
ルミナリエは4歳か5歳の時に行ったぶりなので実に15、6年ぶりでした。
もともと震災からの復興のために作られたそうですが訪れる人のうち何人がそれを意識しているのでしょうか。
あまりにお祭り騒ぎになり過ぎるし、交通規制もかけなければならない、お金がかかるなどの理由でもうやめようかという話も出ているのだそうで。それに追い討ちをかけるようにクリスマスツリー騒動があったりして。
まぁ辞めるのも手なのかもしれません。同じようなことを東北でやって、思いを継承するのも一つの手でしょう。
どのみち僕が決めることではないですが。

ではでは!ぱっつんでした!



[PR]
# by fripkaito | 2017-12-17 18:22 | 写真

フィンランド人の友人はこの寒い中ピンピンしていますが、純日本人の僕にはそろそろきつい季節です。。

こんばんは。ぱっつんです。

本日は神戸に行った話です。
神戸は港町だからか風が強く非常に寒いです。一方で坂が多く体はあったまる。
外側は寒く、内側は暑くなる。神戸はそんな街でした。
神戸には少なからず因縁があり、大学に入学していらい行くことがない街でした。
今回はお呼ばれでしたので、ドキドキしながら神戸に向かいました。
まぁ行ってみるとどうということもなく、楽しい思い出で上書きできたと思います。

では始めます。
d0372534_14443275.jpg
相変わらずのバックショット
お気づきのかたもいるかもですけど、前回から少しレタッチの方向性を変えてみました。写真の本来の意義を放棄したというかw


d0372534_14444380.jpg
▲青を多めに(色温度を低めに)、画像によっては色味を緑に少し振ってます。
今流行りのフィルム風といった感じでしょうか。フィルムで撮りたいわけではないのであくまで「風」で満足です。


d0372534_14445400.jpg
▲フランス国旗もこんな感じに。
平等を意味する白がこんなにも汚れて、友愛の赤は破れて。。なんだか示唆的な掲揚の仕方ですな。


d0372534_14451391.jpg
▲どうもバックショットが好きですね。
前からとる根性がないのと、撮る意味があんまり見出せないです。


d0372534_14452637.jpg
▲骨董店を覗く夫婦
一度入ると帰って来られないんじゃないかと不安になる店構え。


d0372534_14454195.jpg
▲煩雑なのが好きである
全て揃った均整の美とは対極にあるのですが、どちらも美しいと感じます。


d0372534_14455690.jpg
▲日が横から入ると、猿が撮っても良い写真に見えるんですよ。
冬は日の入りが早いから横から光が入る写真が撮りやすい。寒いけど。


d0372534_14460399.jpg
▲溢れ出る攻殻機動隊感
掲揚する語句が攻殻機動隊とは。皆さんもぜひみて。ghost in the shellがorigineにして至高。


d0372534_14461517.jpg
▲ガード下ってなんだか煩雑になりがち
落書きあり、いかがわしい店あり、なんでもあり。漢字表記の看板があればなおよし。


d0372534_14463144.jpg
▲横断する人も日陰だからか暗い顔色に見える
社会に疲れて取り残された感じがする。もちろんそんなことはないんだけれども。


まぁこんな感じで。神戸は一日いたので写真も多く、1回にはまとめきれないので2回に分けようと思います。
ヨーロッパに写真も青に転ばせているのもあるんだけれども、どうも雰囲気かD3100に合わないのかあんまりよくない。
それと、冬で気分が塞ぎがちというのもあるのだとは思う。
写真に一貫性を持たせるのは良いことだと思うけど、それはかなり難しいことでもある。
その時の気分を押し殺してまでいつも通りの編集をするのは自然ではないと僕自身感じるので、気分にあった編集をする。
そのうちまた異なったことを志向して、全く異なった編集をするかもね。

ではでは!ぱっつんでした!




[PR]
# by fripkaito | 2017-12-15 13:10 | 写真

毎日寒い。嵐山はもっと寒かったです。
こんにちは。ぱっつんです。

非常に大切な試験に失敗したり、プレゼンに失敗したりで散々な毎日を過ごしておりました。
とりあえずなんとか立ち直りましたが。人間忘れることが可能ってすごい才能だと思いました。

今回は嵐山に行ってきた話。
火曜日というド平日に行ってきたのですが、ゲキゴミ。。
景色は純日本なのに飛び交う言語は外国語という、砂を噛むような違和感の中で散歩してきました。

d0372534_12421733.jpg
▲鳩と戯れるおじいさん。そのベンチに永遠に座り続けているかのような佇まい。


d0372534_12422919.jpg
▲みんな一度は撮るでしょう。ミニ滝。
はい。思考停止で撮りましょう。水は尊い。


d0372534_12423703.jpg
▲人力車のお兄さん。
客がきて人力車引いてあったまらないと凍死するのではと心配になる。


d0372534_12430772.jpg
▲苔おんざ瓦
こんな小さいところが京都らしいとシャッターを切ってしまう。外国人にはわからない情緒かな?


d0372534_12432679.jpg
▲ちょっとした水源にも秋模様。
水に浸かってるからか落ち葉の発色が良かった。まぁD300くんがバッチリ彩度ガン下げで写してくれましたが。


d0372534_12434457.jpg
▲南天が祠に映える。
古来から日本人は何にでも神は宿ると考えてきたが、全くその通りだと思う。


d0372534_12435548.jpg
▲石積みの階段はなんだか登りたくなる。


d0372534_12440622.jpg
▲頂上からはこんな景色
山に雲の影が写っているのが綺麗。ただただ雲の移ろいを見ながら時を過ごす贅沢。


d0372534_12441685.jpg
▲この寒さの中でも苔くんは元気元気
苔=和風と感じるのは僕だけではないはず


d0372534_12442826.jpg
▲寒いからか人気の消えた公園。
なんで誰も遊んでいない遊具はノスタルジーを醸し出すのか。誰か調べてください。


d0372534_12444672.jpg
▲店先の石鉢に浮く花
花は妖艶に見えると華になる気がする。ニホンゴムズカシイ。。。


d0372534_12450317.jpg
▲修学旅行か?赤いマフラーが夕日を浴びて一層際立って見えた。
京都の学生はどこに修学旅行行くのか?東京かな?

d0372534_12460748.jpg
▲なんですかな?鷺ですかね?
寒いのに元気だなぁ。まぁ鳥ですから当たり前か。

d0372534_12462623.jpg
▲鳩襲来
羽と羽との間に夕日を蓄えているようで綺麗だった。ブレてるのは100も承知で載せるからいじめないで・・


こんな感じで嵐山で撮影していました。

最近レーヨン素材の着物を着て京都を闊歩するのはどうなのか?というのがtwitterで話題でしたが。
僕的には有り、ですかねぇ。。素材はね。ただ着物というのは厳密に季節によって着ることができるものが決まっています。
着物文化を伝える上でどんな素材でも着ることは大切だと思いますが、冬や秋でも騒がしいピンクや水色の着物を着るのはどうか。。。とは思います。観光客の可愛いのを着たいという気持ちは分かりますが、可愛さだけをピックアップして売り物にするのは頂けないとおもいますよ。素材はともかく街や季節にあったものを着ないと、それはただのコスプレですから。
母の着付けをよく手伝わされていたやつの意見でした。

ではでは!ぱっつんでした!

[PR]
# by fripkaito | 2017-12-08 13:20 | 写真

こんばんは!ぱっつんです。

寒いです。はい。寒い。。まだこれから寒くなると思うと、絶望。。
将来的には湿気がなく、一年中あったかくて陽気な仲間がいる島に引っ越したいです。

今日はヨーロッパ旅行18日目!本日もフィレンツェの写真です。
いや、もうフィレンツェええねんと思う方。すみませんw
では始めて行きます。

d0372534_18253951.jpg
▲フィレンツェの昼。多分この日はワインの飲み過ぎで寝坊したに違いない。
向こうはべらぼうにワインが安い。ついつい飲み過ぎる。これは罠だ。


d0372534_18261205.jpg
▲昼寝したいなぁと思っていたに違いない。


d0372534_18265960.jpg
▲信号機の様な並びのバイク。
こんなのが2stの煙モクモク吐きながら走ってます。ローマの休日も真っ青


d0372534_18274264.jpg
▲イタリアでみるマリオ。感慨も一塩。


d0372534_18280987.jpg
▲はい!これ!モトグッツィ!
V型エンジンを横置きというど変態!よく分からない人はグーグル先生に聞きましょう。


d0372534_18363161.jpg
▲あたかももともとこんな標識ですよーと言わんばかりのマッチ度。
漕ぎ手が警察官というのもなんだか警察を舐めてるみたいで面白いw


d0372534_18284578.jpg
▲撮影に気軽に応じてくれたちびっ子。
珍しい髪型だなぁと思われたのかもしれない。


d0372534_18335864.jpg
▲そんなこんなしてたら子供大集合!
やっぱり外国人には興味津々なご様子。
最後には握手もしてほっこり!


d0372534_18294112.jpg
▲そろそろ店じまいなお爺ちゃん。
水撒いてるだけなのに絵になるってどんな人生を歩んで来たのかね。


d0372534_18290700.jpg
▲そんなこんなで夕暮れ。
点灯前の街灯に当たる夕日がこんなにも美しいなんて。
日本だとゆっくり日の入りを眺める時間なんてあんまり取れないな。


d0372534_18323990.jpg
▲川の近くでゆったり。
川を見ているのかな。余裕がないとできない時間の過ごしかただね。


d0372534_18342775.jpg
▲信号機
夕暮れどきはいつもの見るものがなんだか新鮮に見える。あたかも初めて見た物のように。


d0372534_18350954.jpg
▲昼間見たアンティーク店のショーウィンドウもなんだかかっこよく見える。
何売ってんのかは知らないけどw

d0372534_18353842.jpg
▲そんなこんなで陽は落ちて。
みんな街に繰り出す時間になります。

フィレンツェ編はこれにて終了になるはず。
なんでこんなにフィレンツェに居たかというと、ひとえに居心地が最高だったから。
都会過ぎず、田舎過ぎず。古いものが沢山あって、いくら見ても新しい発見をさせてくれる。そんな街。
人は優しく、Barでもこんなに安くして大丈夫?というほど安くしてもらったり、道を親切に教えてもらったり。
ぜひもう一度行きたいし、旅行を通して一番すみたい街だったかもしれない。
みんなもミラノなんかより、フィレンツェに行こう!

なんだか褒め過ぎたかなw
ではでは!ぱっつんでした!






[PR]
# by fripkaito | 2017-11-18 19:10 | 旅行